登録不要・商用利用可

意外と知らない「みりん」と「砂糖」の上手な使い分け方

この記事の画像はフリー素材です。右クリックからコピーまたはダウンロードしてご自由にお使い下さい。

リクエストはTwitter からいつでも受け付けています!

意外と知らない「みりん」と「砂糖」の上手な使い分け方|商用可フリー画像・背景透過

よく調理に使用されるみりんと砂糖ですが、みなさんは使い分け方を知っているでしょうか。ここでは意外にも知らない人が多いのではないでしょうか。なので、今回はみりんと砂糖の上手な使い分け方をご紹介します。

砂糖はサトウキビやテンサイを原材料として作られており、主な成分はショ糖です。一方、みりんはもち米と米麹、焼酎などのアルコールを使い、時間をかけて熟成させて作られています。みりんはブドウ糖やオリゴ糖などの複雑な甘み成分で構成されているため、甘みがまろやかになります。

このように原材料や製造過程が異なることから、「甘みの質」の違いが現れます。

砂糖はシンプルな強い甘味を持っていることが特徴です。そのため、しっかりとした甘みが欲しいときや、お肉料理の時に使用することをおすすめします。 砂糖は水分を保持する性質を持っているため、お肉を柔らかくする作用があります。そのため、お肉を柔らかく煮込む料理に最適です。また、保水作用には、肉の臭み消しの効果もあるそうです。また、注意点として味が染み込みにくいため先に入れておくと良いです。

次にみりんを使用するときの特徴をご紹介します。みりんは多くの種類の糖で構成されているため、やさしい甘みや風味、照りがほしいときに 使用することをおすすめします 。また、煮崩れのしやすい肉・魚料理にも最適です。加熱することで甘味成分が膜を作り、照りやツヤを出してくれます。

また、本みりんとみりん風調味料は異なるので注意が必要です。本みりんはアルコール成分が多く含まれているため調理段階の最初のほうに入れると、アルコールの効果により味の浸透や臭い消し、煮崩れ防止につながります。一方、みりん風調味料は照りや風味を出すために最後に入れましょう。

みりんと砂糖どちらも糖質でできているため、使い分け方を知りどちらかだけを加えることで料理の糖質抑制になります。

同じカテゴリーの写真素材